カードローンの金利

パーセンテージ銀行や消費者金融のローン、クレジットカード払いで分割した場合などは必ず借りたお金に対して金利がプラスされます。

お金を貸し出している金融機関は一定の金利を付加して、金利の回収を利益としているので金利の設定というのは必須です。

しかし、ローンの種類や同じローンであっても金融機関によって設定されている金利は異なっているので、長い間ローンでお世話になることが予想される場合は特に少しでも低い金利のローンを利用して返済にかかる負担をできるだけ減らしたいものです。

今すぐ借りれるカードローンを利用する場合に注意したいのが、借り入れに対してどれくらいの金利がプラスされるかということです。

基本的に、目的がはっきりしていて審査の時間が長いローンになると金利は低い傾向にあり、フリーローンでなおかつ今すぐ借りれるカードローンのように即効性に重きを置いているタイプのローンは金利が高めに設定されていることが大半です。

昔は今すぐ借りれるカードローンだと金利が50%を超えるようなことも珍しくありませんでしたが、そのような高金利でお金を借りたことによって返済することができない人が続出することになりました。

そのことから、今は利息制限法という法律が制定されて違法金利での借り入れができなくなりました。

しかし、それでも20%近い金利に設定されているカードローンが多いので、お金を借りる場合は特に急ぎの場合はどれくらいのお金を借りるかということと、そこにかかる大まかな金利を把握しておくことが借金トラブルにならないために必要なことです。


このページの先頭へ